遊ぶ子供>>実験音楽

このテーマの記事一覧です。(新着順 10件表示)

20041211

AMM

umm……
AMMの貴重な写真

こないだの 『Fantastic Planet』は観てない映画だったので、こんどは聴いてない音楽を紹介します。 聴いてないのに紹介です(笑)

AMMはAudacis Musicae Magistriというラテン語で「冒険的音楽運動」を意味する言葉を略したものだそうだ。 1965年にロンドンで結成され、 初期にはあのイギリス実験音楽の父と言われるコーネリアス・カーデュー (←右端のJapaneseをクリックすれば日本語でも読める)も関わっていたらしい。

彼らの演奏は基本的にフリー・インプロヴィゼーションであるが、フリー・ジャズの主要な構成原理であるコール&レスポンスではなく、 音の重ね合わせを構成原理としている。また彼らは演奏にラジオを取り入れ、 外部からの不確定性を演奏の中に組み入れているようだ。さらに他の楽器でも、 どうやら一般的な演奏方法とは少し違った方法を用いることもあるみたいだ。 例えば水平に配置されたギターの弦を小型モーターの回転軸で擦ったり、ギターや打楽器類、グランド・ ピアノの弓弾きをしたりというものだ。

どうです、ここまで読んでみて聴きたくなったでしょう?いや、僕はこういうのを読むと聴きたくなるんですが、 やっぱ音楽的感性が捻じ曲がってんですかね?ラジオを演奏するとかすごく気になります、打楽器やピアノの弓弾きも。 ラジオ演奏はシュトックハウゼンなども行っていますがAMMはシュトックハウゼンのそれとは異なった響かせかたをしているそうです。 AMMと一緒に語られることのあるMEV(ムジカ・エレットロニカ・ヴィヴァ)も気になる。

そういえばシュトックハウゼンってまだ生きてるんですね。しかも、思ってたより若い。生きてたとしても、 もう90歳くらいかと思ってました。てっきりケージと同年代かと。

posted by maco | Comment(0) | TrackBack(0) | 実験音楽
20040730

John Cage 「4'33"」

ジョン・ケージ、「キノコ・アルバム」
通称キノコ・アルバム
「4分33秒」の楽譜
楽譜

やっぱこれも紹介しないとね

 早くも2つ目の紹介です。結構有名ですよね?トリビアの泉でも放送されました(なんと実演もした)。ジョン・ケージという人は、アメリカでもっとも有名な現代音楽家だと言われています。ただ、僕はそんなにケージについては詳しくないので、この人の業績等については他所のサイトでお調べください。

posted by maco | Comment(4) | TrackBack(0) | 実験音楽
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。