遊ぶ子供>>ウェブログ>>いまでも変わらない笑顔をするんです。そのしぐさにやられて その笑顔にやられて・・・
20051110

いまでも変わらない笑顔をするんです。そのしぐさにやられて その笑顔にやられて・・・

酩酊日記Aから続き

 すみません・・・・・・、今日は飲んでいません。飲んだくれてなくて期待外れですか?あ・・・、いや・・・・・・、 そういえば昨日開けて残っていたワインを飲みましたわ。ちょびっとだったんで酔ってませんけどね。 どん底から戻ってきました。もしくはどん底から真下に突き抜けたというべきか・・・・・・。

 結局、気分や感情を無理に抑え込もうとしたって、心の中でくすぶり続けるわけですよ。じゃあどうしたらいいかっていうと、 そりゃあ忘れるのが一番なんですけどね。なかなか忘れようとしても忘れられない。というか、きっと忘れる気なんかないんですよ、僕は。 そういう面が僕の中には確実にある。

 なんというか、この気分や感情に浸っていたいという自己陶酔的な考えが、無意識下にあるように感じます。忘れてしまうと、 自分にとって重大なものが失われてしまうという思いが、どこかにあるはず。まあしかしながら、忘れるっていうのは行為じゃありませんからね。 忘れようとしても忘れられるはずがないに決まっていますけど。どんなに強い意思をもってしても、それが行為ではないかぎり、歯が立ちません。

 忘れるのは困難なようなので、この最悪な気分の原因を探ってみたわけです。そうしたら原因は、諦めなければいけない、 この想いに終止符を打たなければいけないんだという考えだということに気付きました。無理矢理終わらせようとするから辛いんですよ。

 なら終わらせなきゃいいじゃん。気持ちは変わらずそのままに、あとはどうにでもなれだ!逆転の発想・・・・・・!まさにコペルニクス的転回・・・・・・!!どん底から戻ったとは言っても、半分くらいしか戻っていない。 まだ時々(頻繁に?)へこみますけどね・・・・・・。

 というわけで、最初に書いたとおり、真下に突き抜けたわけです。暗い海の底にドンドン沈んでいったら、 地球の真裏に辿り着いたって感じです。で、地球の真裏にも太陽が昇るということに気付きました。

05/11/10 @Aは大幅に文章を削りました。
申し訳ありませんが、
削った部分を読まないと
意味が分からないと思います(-_-;)

posted by maco | Comment(0) | ウェブログ
COMMENTS
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。