遊ぶ子供>>サイケデリック>>森田童子 「たとえば ぼくが死んだら」
20050726

森田童子 「たとえば ぼくが死んだら」

たとえばぼくが死んだら

 たとえば僕が死んだら、どうしてもらいたいだろう?「そっと忘れて」くれたり「菜の花畑で泣いてくれ」たら、慰めになるような気もします。 しかし、もう死んでしまっているんだから、その慰めが向かう先には僕は存在しない――何も存在しない。記憶も感情も思考も、 心的なものが無くなって・・・・・・、それだけじゃありません。もっと言ってしまえば、全てが消えてなくなるんじゃないでしょうか。 僕が死ぬってことは、世界が無くなるってことと、ほとんど同じことだと思います。

 他の誰が死んでも世界は無くならないのに、僕が死ぬと世界が消えてなくなってしまう。いま言ったことは、「そのとおり。 僕が死ぬと世界が無くなるんだ」と他人が同意(あるいは理解)した途端に、意味が変わっちゃうんですよね・・・・・・。 この僕だけが言えることだったのが、僕一般が言えることに変容してしまうんです。どんなに「この」を強調しても――このこの僕」、このこのこの僕』」、・・・、としても――読み換えられてしまうんです。読み換えられざるをえないんです。言葉が宙に浮き、空転してしまいます。

生と死

最後の幕は血で汚される。劇の他の場面がどんなに美しくても同じだ。ついには人々が頭の上に土を投げかけ、 それで永久におしまいである。

パスカル 『パンセ』

 残酷な文章ですね。でも受け入れるべき現実です・・・・・・。「最後の幕が血で汚される」としても、僕は醜い劇より美しい劇のほうを望みます。いま見ているこの夢(人生)が、 たとえ醒めた(死んだ)後には決して思い出せなくなるとしても、楽しい夢ならばいいなぁと思います。まあ、「どうせ思い出せないんなら、 楽しかろうが退屈だろうが一緒――他の場面がどんなに美しくても同じ」という主張も正しいですけどね。

 人生には意味がない。たまたまこの時代を生き、たまたまこの国で暮らしているのです。この時代のために生きているわけではなく、 この国のために生きているわけでもありません。「○○のために生きているわけではない」の○○には他にもいろんなことが当てはまります。愛する人とか、環境とか、 正義とか・・・・・・。でも遊ぶためとか、自分のためとかはどうだろう?

 「人生には意味がない」って言っても、ニヒリズムというわけではありません。「生きている意味なんかない」 ってことが言いたいわけじゃあないんです・・・・・・。僕が今ここに存在するってことはもの凄い偶然で奇跡で、 だからこそ無根拠で無意味で、素晴らしいなと。この僕は存在しないこともできたはずなのに―― この僕が存在しない世界もありえたはずなのに――なぜか存在する。

 人は孤独に生まれ、孤独に生き、孤独に死んでいきます。これは友情や愛なんてまやかしだっていうんじゃなく、 誰もこの僕に代わって生きることはできず、誰もこの僕に代わって死ぬことはできないって意味です。誰かが代わって僕を――macoではなく、 この僕を――生きたり死んだりするってことは、原理的に不可能ですからね。

カバー

 話は変わりまして、「たとえば ぼくが死んだら」のカバーのお話です。

淋しいときは 俺の好きな
月の光に泣いてくれ

と変えて歌った方がいますけど、 そっちの方がかっこいいですねぇ。(IEを使っている方は上の画像にマウスを乗せれば、原曲の歌詞を見ることができます。歌詞はYahoo!ミュージックにも載っています。)「淋しいときは ぼくの好きな 菜の花畑で泣いてくれ」の詞が似合う男はあんまりいませんから。しかし、 曲自体はオリジナルのほうが数倍素晴らしいです。

 他にSlap Happy Humphreyというエンジェリン・へヴィ・ シロップのミネコ、サバート・ブレイズの藤原、 それにJOJO広重によるユニットもカバーしています。ほぼ原曲のままの曲 (ミネコの声は森田童子にそっくり!)の間奏や後奏にノイズ・ ギターを挿入させるというものです。これも原曲のほうが良いって言いたいですけど、 JOJO広重のギターがかっこよすぎます。 あんなギターは反則です。

COMMENTS
森田童子、最初の三枚は宝物です。
日本のサイケデリックとしては水谷・灰野と並ぶ実力の持ち主ですね。
スラップ〜は僕も持ってますが、広重社長がやり過ぎなのでやはり原曲支持です。
Posted by 森本 at 2005/07/29
森田童子は再発されないんですかね・・・・・・
ベスト盤じゃなくオリジナルアルバムがほしいです!

>水谷・灰野と並ぶ

そうですね。
しかも安眠できますから、たまに寝るときにもかけます。
水谷・灰野はうなされてしまうんで、寝るときにかけられません(笑)

たしかにJOJO広重はやりすぎです!
かっこいいんですけど、やっぱ原曲のほうが良いかもしれないですね。
Posted by よしだ at 2005/07/30
いまさらですが、ちゃっかりトラバしました。
よろしくです。
Posted by 森本 at 2005/09/26
トラバありがとうございます。
凝解コラム・オールドでも森田童子のことを書いていましたよね。
最近聞いていないので、今日寝るときに聞こうと思います。
Posted by よしだ at 2005/09/26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

森田童子
Excerpt:      透明な灰色が描きだす「ぼくたち」の風景は、感情の交流を拒絶している訳で...
Weblog: Dr.森本の凝解コラム
Tracked: 2005-09-26 08:03
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。