遊ぶ子供>>クラウトロック>>Neu! 『Neu! 2』
20040819

Neu! 『Neu! 2』

Neu!です。
「ノイ!」と読みます。
「Neu」というのはドイツ語でして、ドイツ語では「eu」を「オイ」と発音します(ちなみに「kraftwerk」は「クラフトヴェルク」)。
Neu!は英語でいえば「New!」、日本語でいえば「新!」もしくは「新しい!」です。

ノイ!は70〜71年に最初期のkraftwerkに参加していたクラウス・ディンガーとミヒャエル・ローター(ミヒャエル・ローテル)の2人によって71年に誕生しました。
72年に『Neu!』、73年に『Neu! 2』、75年にディンガーの弟トーマスとハンス・ランペが加わり、『Neu! 75』をリリースしています。
『Neu! 2』、『Neu! 75』のプロデューサーはジャーマン・プログレ、クラウトロックの最重要人物コニー・プランクです。
さらに95年には『Neu! 72LIVE』、96年には『Neu! 4』!!!?が日本のキャプテン・トリップ・レコーズからリリースされておりますが、『Neu! 4』はクラウス・ディンガーの一存でリリースされたらしく、残念ながら現在では廃盤―入手困難となっています(内容は期待するほどのもんじゃないです)。
『Neu! 75』を製作していた頃にローターは変態クラウス・ディンガーについていけなくなったのか、CLUSTERというユニットの2人とHARMONIAというグループを結成し、ノイ!を脱退しました。
残った3人でディンガーはLA DÜSSELDORFを旗揚げし、ノイ!としての活動に(一応)幕を下ろしました。

『Neu! 2』は後のニューウェイブやオルタナ、今のテクノ、音響派に大きな影響を及ぼした音楽の一つに数えられています。
しかし、『Neu! 2』は決して複雑な音楽ではなく、むしろ驚くほど単純です。
ノイ!の御家芸ともいえる執拗に反復されるハンマー・ビート(←ディンガーはアパッチと呼んでいる)、軽やかなギター・カッティング、伸びやかで心地よいシンセ(ギター?)フレーズというのがノイ!の演奏の基本です。
非常にシンプルで無駄な装飾を一切排したようなサウンドがそこにはあります。

これがノイ!の基本形なのですが、『Neu! 2』では5〜11曲目、アナログではB面に当たる部分にとんでもない楽曲を持ってきています。
同じような曲名がいくつかありますよね?
曲名の最後に「78」「16」とあるものはそれぞれ78回転、16回転の回転速度で処理されたものです(たぶん)。
なんか(レコードの)針飛びも入れられています。曲名の最後に数字が付いていないものは原曲です。

他の曲も「なにを考えてるんだ!?」というような処理が施されています。
例えば8曲目の「Cassetto」は気味の悪い反復ビートがダブのような音響処理され、ひどいワウ・フラッター(回転ムラ)で再生録音されています。
途中、曲が突然カットアップされ一瞬の沈黙の後、再び同一の反復ビートが始まるという、構造的にも非常に気味の悪い曲になっています。
10曲目の「Hallo Excentrico!」もそれに似ていてワウ・フラッターが用いられ、そこに意図不明の音響が挿入されたり、スクラッチ・ノイズが入れられたり、突然逆回転したりとやりたい放題です。

 ノイ!の音楽とは、たとえていうなら算術のごときものなのではないか。
(中略)
 たとえばある曲のスピードを二倍にしてみる。それはそれだけのことだ。ただ、そうしただけのことである。
(中略)
 ディンガーの頭の中は、たぶん相当にシンプルだ。しかし、それは無論、低脳ということではない。彼はあまりに単純すぎて凡人が気づかないような真理を相手にしているのだ。
 それは音楽の、真理である。
(中略)
 彼は同じ「Neu!」のロゴを三回連続して使い、「スーパー」「スーパー16」「スーパー78」なんて曲名をつけた男なのだ。そして何より「ノイ!」+「ラ・デュッセルドルフ」=「ラ!ノイ?」という反則ワザ(?)をやってのけた男である。
「私にとっては、きわめて論理的なことなんだがね。今までに自分がやってきたことを踏まえて、現在の自分を表すなら、ラ!ノイ?になるだろう(笑)。これが今の私の視点なんだよ。来年になったら何を考えているかはわからないが……」
佐々木敦『ex-music

「」内は佐々木氏がインタビューした際のディンガー大先生のお言葉です。

  1. Für Immer
  2. Spitzenqualität
  3. Gedenkminute
  4. Lila Engel
  5. Neuschnee 78
  6. Super 16
  7. Neuschnee
  8. Cassetto
  9. Super 78
  10. Hallo Excentrico!
  11. Super
COMMENTS
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

NEU!
Excerpt: これ何て読むかわかります? 僕はずっとネウやと思ってましたがノイでした。うむ。 レコ屋で久々にジャケ買いしたのがこの作品です。色使いと手書きの文字に惹かれてしまいました。 この「NEU!2」という..
Weblog: 英国奇天烈音楽のススメ
Tracked: 2004-08-20 02:15

Neu ! (1972) , Neu ! 2 (1973) , Neu ! 75 (1975) ...
Excerpt: 初期クラフト・ワークにもいたクラウス・ディンガー&ミヒャエル・ローターによる、 伝説的ジャーマン・プログレ・ユニット、ノイ!の全3作。 バンド名から「新!」だから、大バカ(笑)。 でも、..
Weblog: MYO Review a Go Go
Tracked: 2005-06-01 21:56

桴瑰㨯⽷睷⹶慬牡猭灬慧攮湥琯獵灲敭攭慮瑬敲
Excerpt: V_焟
Weblog: 桴瑰㨯⽷睷⹶慬牡猭灬慧攮湥琯獵灲敭攭慮瑬敲
Tracked: 2016-12-06 10:34
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。