遊ぶ子供>>クラウトロック>>Faust 『FAUST』
20040802

Faust 『FAUST』

 昨日はジダンのシュートに思わず叫びました!でも、そのレアル・マドリードの試合を見ている途中(19:45頃)に寝てしまったので、3:00に目が覚めました。で、早起きして(かなり物が多い)部屋の片づけをしております。

今度は世界一好きなバンド、アルバムを紹介

 え〜、ファウスト(←このファンサイト、貴重な曲が試聴出来ます。)の『FAUST』です。アルバム名の表記が無いため『1st』や『1st album(Faust album)』などとも呼ばれます。

プロフィール

 ファウストは71年にドイツで結成されたグループです。音楽ジャーナリストのウーヴェ・ネッテルべックは彼らをサポート(プロデュース?)し、ポリドールとの契約を獲得して、しかもヴュンメという町の廃校をポリドールに買い取らせ彼ら専用のスタジオを立ち上げさせたのです。うらやましい!ちなみに、「ヴュンメ」や「ドイツ ヴュンメ」で検索するとヴュンメの町の情報より、ファウストの情報が圧倒的に多いです!

 そのスタジオでメンバー達はコミューン的な生活を営んでいたそうです。昔憧れたなぁ、コミューン。しかし、ポリドールは一体何を考えていたのでしょう?売れるはずのないグループにこんなVIP待遇をして・・・。おそらくポリドールの社員に、こういう音楽が大好きな人間がいて、会社に働きかけたのでしょう。僕だったらそんな社員はクビにしますけど。ひょっとするとドイツのポリドールもキチガイだったのかもしれませんね(笑)。

 74年にウーヴェと対立し活動停止に陥りましたが、88年頃に復活しました。

美術的な価値、物としての価値

 このアルバムのジャケはもの凄くかっこいいです。初版は透明ビニールにレントゲン写真、セルロイドのインサートとクリア・ビニールのレコード盤です。金掛かってます!この初版はマニアの間ではン万とかン十万という値がついているとか。

内容

 さて肝心の音楽はどうなんだということですが、コラージュ音楽と言いましょうか、なんというか説明しづらい音です。なんか夢の中にいるような感覚になります。脈絡の無い感じやふわふわした感じは、まさしく夢の中です。

 ・・・・・・う〜ん、説明しづらいなぁ。説明しづらいので、コラージュに使われている音を列挙していきます。ファウストによるロック(?)などの演奏、サーカスみたいな音楽(ファウストの演奏?)、男女の会話、汽笛(?)、電子ノイズ、などなど・・・・・・。

 そして、このアルバムの1曲目「Why don't you eat carrots?」では曲の初めに、なんとビートルズの「愛こそはすべて」と、DEVOの……ではなくてストーンズの「サティスファクション」の一部が使用されています。版権問題はどうなっているんでしょうか?たしか、何秒以内は許可等がいらないとかあるんでしたっけ?まぁ、とにかくぶっ飛んだグループのぶっ飛んだアルバムってことですよ。ちなみにファウストには『So Far』、『Tapes』、『Rien』などの名作もありますが、僕は1stには敵わないと思っています。

補足を色々と

 ファウストはとにかく大好きなアーティストで、他にも書きたいことは色々あるので、一気に書きます。

  • 東京タワーの蝋人形館にはファウストの蝋人形があります。
  • 東京タワーの蝋人形館にはクラウト・ロック、ジャーマン・プログレのアーティストの蝋人形がたくさんあります。
  • ファウストは活動停止前の最後のライブで、演奏をせずに卓球をして帰ったという噂はガセです。
  • 95年に発売されたアルバム『Rien』はジム・オルークのプロデュースとして有名ですが、実は灰野敬二も参加しています。
  • 『FAUST』の3曲目は一発録りだそうです。スゲエ!

  1. Why Don't You Eat Carrots?
  2. Meadow Meal
  3. Miss Fortune
COMMENTS
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

Faust so far
Excerpt:  ファウストのセカンド。  彼らの中ではかなりポップだけど、一番って言ったらや...
Weblog: Dr.森本の凝解コラム
Tracked: 2005-02-08 20:53
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。