遊ぶ子供>>実験音楽>>池田亮司 『+/-』
20070408

池田亮司 『+/-』

plus/minus

池田亮司の『+/-(plus/minus)』。
最近聴きなおして気付いたことは、「+」「+.」「+..」がDavid Tudorの「Plusers」に似ているということ。
音に対するアプローチは全く違うんだけど、実際に聞こえる音が非常に近くて面白い。

極限までシンプリシティを推し進めたミニマル・テクノとでも言うんだろうか。
白衣を着て無塵室で作業をしているような音。
一つだけ不満を言うなら、少し冗長な感じがするということだ。
どうせ無駄を極限まで削るならば、無駄な時間も削って欲しい。

  1. Headphonics 0/0
  2. Headphonics 0/1
  3. Headphonics 1/0
  4. +
  5. +.
  6. +..
  7. -
  8. -.
  9. -..
  10. +/-

■関連リンク■
the official ryoji ikeda web site
Ryoji Ikeda
デイヴィッド・チューダー - Wikipedia
ピタ 〜Pita〜 『SEVEN TONS FOR FREE』: 遊ぶ子供
オヴァル 〜oval〜 『systemisch』: 遊ぶ子供
パン・ソニック(パナソニック) 〜PAN SONIC(Panasonic)〜 『VAKIO』: 遊ぶ子供

posted by maco | Comment(0) | 実験音楽
COMMENTS
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。