遊ぶ子供>>書籍と雑誌>>佐藤雅彦
20070324

佐藤雅彦

佐藤雅彦著作
(クリックで拡大します)

前エントリーからのつながりです。

この人の本は、なぜだか読んでいてほっとします。
今現在所有している本は上画像の通り5冊(共著も含む)です。
一番最初に買ったのは『毎月新聞』。
一番面白かったのも『毎月新聞』。
「超一流のメディアクリエーター・CMプランナーの
ものの考え方感じ方ってこんな感じなのかぁ・・・」
と思わず感嘆してしまいます。
それでいて表現にとてもあたたかみがあります。

ちなみに「カローラUにのって」はこの佐藤さんが作詞をしました。

一番期待はずれだったのは『経済ってそういうことだったのか会議』。
竹中平蔵氏と佐藤さんの経済に関する対談という内容のためか、
佐藤雅彦的表現の妙はほとんどありません。
どちらかというと竹中さんの本といった印象。
ただ経済学入門としてはなかなか良いかもしれません。
竹中さんの説明が結構分かりやすい。
僕は世界経済に疎いので、それに関連した章はためになりました。

ところで竹中平蔵ってバカボンのパパに似てない?

竹中ボンパパ

■関連リンク■
MASAHIKO SATO | TOPICS
竹中平蔵 公式ウェブサイト
佐藤雅彦 (メディアクリエーター) - Wikipedia
Amazon.co.jp: 佐藤 雅彦: 本

posted by maco | Comment(0) | 書籍と雑誌
COMMENTS
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。