遊ぶ子供>>実験音楽>>Steve Reich 『Music for 18 Musicians』
20070320

Steve Reich 『Music for 18 Musicians』

Music for 18 Musicians

スティーヴ・ライヒの『18人の音楽家のための音楽』です。
一言で言えば「パルス」と「グラデーション」の音楽。
パルスというのはそのまんまの意味で、それぞれの楽器が細かく速く拍動するように奏でられているということ。
グラデーションというのは、ジワジワと――知覚できるかできないかくらいジワジワと――音が変化するということ。
変化する要素は様々で、音色、強弱、フレーズなど。
ミニマル音楽とはいっても非常に複雑な構造です。

この作品は初期作品群に比べ格段に心地よくて、気分が高揚するような感じと落ち着くような感じが同居する不思議な感覚に襲われます。
大音量で聞くとその感覚が増幅されます。
全体を通じて音量がほとんど一定なので、大音量にしても大丈夫です。
ただし近所迷惑にならない程度に。

ちなみにこの作品、古い録音と新しい録音の2種類ありまして、
新しい録音明瞭ではっきりくっきりした感じで、古い録音の方は得体の知れない迫力があります。

■関連リンク■
スティーヴ・ライヒ - Wikipedia
Music for 18 Musicians
カルトミュージックコレクション−MusicFor18Musicians/SteveReich
Steve Reich
ラ・モンテ・ヤング 〜La Monte Young〜 『The Well-Tuned Piano』: 遊ぶ子供

posted by maco | Comment(0) | 実験音楽
COMMENTS
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。