遊ぶ子供>>サッカーとフットサル>>優勝のイタリア、憂愁のイタリア
20060716

優勝のイタリア、憂愁のイタリア

いまさらですけどW杯終わりましたねぇ〜。
僕は地元の友達数人と開幕前に賭けをやっていまして、
フランスに賭けていたんですけど惜しかった……。
賭けた理由は誰も賭けずに残っていたチームでめぼしいのが
フランスくらいしかなかったからなんですけどね。
イタリアが優勝かぁ。
カンナバーロのディフェンスすごかったですね!!

優勝したイタリアですけど、
W杯開幕前から国内トップリーグのセリエAは
不正問題で揺れておりました。
そして14日に4クラブに処分が下った模様です。
昨季(05-06)優勝のユベントスは2部セリエB降格、
それから04-05と昨季の優勝剥奪
および今季の勝ち点30(10勝分)の減点。
昨季2位のACミランは昨季の勝ち点44を
剥奪され今季のCL出場権を失い、
また今季のリーグ戦の勝ち点も15減点されることになった。
昨季4位のフィオレンティーナもユベントスと同じくセリエB降格、
そして今季の勝ち点12の減点。
昨季6位のラツィオもセリエB降格で今季の勝ち点7の減点。

ユベントスは3部セリエC1降格は免れたものの、

ユーベ1年での再昇格は絶望的

 昨季22チームで争われたセリエBを見ると、昇格プレーオフを戦った6位チェゼーナの勝ち点が66、 残留プレーオフに出場したアルビノレッフェ、アベッリーノの勝ち点は46だった。これに勝ち点30点減のユベントスを当てはめると、 昇格圏内にたどりつくためには勝ち点96が必要で、42試合のうち32試合に勝たなければならない。一方、 残留圏にも勝ち点76が必要で、26勝以上いる計算だ。「カテナチオ」という堅守の伝統があり、 引き分けの多いセリエの特長を考えると残留も楽ではない。

とのこと。
選手も大量に放出するみたいですしね。
(すでに争奪戦が始まっているみたいです。ハイエナかよ……)
ただ、デルピエロとネドベドはユベントス残留の
意志表示をしているらしいです。
うーん、2人はセリエBでキャリアを終えるつもりでしょうか?
それは嫌だなぁ……。まあ、本人が決めることだけど。

COMMENTS
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。