遊ぶ子供>>旅行>>5泊5日京都旅行 - 3日目(洛東編)
20090304

5泊5日京都旅行 - 3日目(洛東編)

北山駅から交通の要衝である北大路駅を経由して、バスで百万遍(ひゃくまんべん)へ移動。

時刻は13時。お腹も空いてきたので、京大そばの老舗喫茶店「進々堂」までやってきました。
(画像はすべてクリックで拡大します)
sinsindo
こちらで”カレーパンセット”をいただきました。
”カレーパンセット”は、カレーパンと何かのセットではなく、カレーとパンとサラダと飲み物のセット。
カレーはスープカレーっぽい口当たりで、意外と辛い。
パンはバターロールとフレンチロールの2つで、バターが添えられています。
バターをつけて食べるも良し、カレーに浸して食べるも良し。
コーヒーは京都の喫茶店の王道をゆく、最初からミルク入り!
店内は昭和モダンと学生街の喫茶店とが折衷した温かい雰囲気で、人間国宝・黒田辰秋(くろだたつあき)作の重厚なテーブルや石油ストーブがいい感じ。
残念ながら店内での写真撮影はNG。

今出川通をはさんだ「進々堂」の向かいには超名門大学「京都大学」があります。
懐かしの我が母校です。
間違えました。このリンク先が僕の母校でした。当時は卍丸と呼ばれていました。
kyoto-university (1)
正門から入るとこのように”百周年時計台記念館”と大きな楠(くすのき)が見えます。
この時計台も昨日の 「京都市役所」と同じく武田五一(たけだごいち)の設計。
この中には”京大ショップ”がありまして、
the_notebooks_of_kyoto_university
そこで京都大学オリジナル”大学ノート”を買いました。
その後に見に行ったのが、京都大学入試シーズンの風物詩、
kyoto-university (2)
”折田先生像”です!
kyoto-university (3)
折田先生の功績が書かれています。
ちなみにWikipediaによると看板の裏側にアイドルの写真が貼られているのも慣例となっている。(折田先生像 - Wikipedia)とのこと。
それは見逃してしまった・・・。
それから百周年時計台記念館事務室の職員さん、ご丁寧に”折田先生像”の場所を教えてくださいまして、ありがとうございました!

”折田先生像”にお別れをして、京大そばの「吉田神社」へ向かいました。
yoshida_shrine (1)
上が”本宮(ほんぐう)”。
下が”大元宮(だいげんぐう)”。
yoshida_shrine (3)
yoshida_shrine (2)
日本国国歌「君が代」に歌われる”さざれ石”だそうです。
omamori - yoshida-shrine
子どものいる兄家族や友達へ可愛らしい”こどもおまもり”をおみやげに。

「吉田神社」からそのまま吉田山を登ります。
この旅は山を登る機会が多い!
mt._yoshida
山の中に見えてきたのは、
mo-an
茂庵(もあん)」。吉田山の山頂近くにあるカフェです。
テーブル席のほかにも、窓向きの席も用意されていて京の町並みを眺めながらお茶できます。
ここでは”お豆のシフォンケーキ”と”ゆずジュース”をいただきました。
シフォンケーキは色々な豆が使われていて、”ゆずジュース”はさっぱりしてて、どちらもおいしかったです!

「茂庵」から山を下り、銀閣寺方面へ。
やって来たのは「白沙村荘(はくさそんそう) 橋本関雪(はしもとかんせつ)記念館」。
hakusasonso (1)
京都の人気観光名所「銀閣寺」のそばにもかかわらず、こちらはたいへん静か。
hakusasonso (2)
拝観中は、人が全く来ませんでした。
hakusasonso (3)
広いお庭を独り占めできて、気分は最高です!

バスに乗ってお次は「南禅寺」。
「南禅寺」の”三門”と3年ぶりの再会。
nanzenji_temple (1)
「南禅寺」に来た目的は塔頭(たっちゅう)の拝観ではなく、
nanzenji_temple (2)
nanzenji_temple (3)
nanzenji_temple (4)
琵琶湖疎水のレンガ建築群の筆頭”水路閣”。
設計は田辺朔郎。
何度見ても素晴らしい!
nanzenji_temple (5)
橋の上には、このように水が走っています。
nanzenji_temple (6)
橋脚を貫くアーチ。

nejirimanpo (2)
再び見に来ました「ねじりまんぽ」。昨日とは反対側の構図。
こいつも設計は田辺朔郎。

普通の観光客はあまり来ないであろう「九条山(くじょうやま)浄水場ポンプ室」。
これも琵琶湖疎水のレンガ建築群の一つ。
pump_room_of_kujo-yama_purification_plant
設計は京都国立博物館も手がけた片山東熊(かたやまとうくま)と山本直三郎。
浄水場ポンプ室とは思えない豪華さですね。
レンガ建築LOVE

5泊5日京都旅行

posted by maco | Comment(0) | 旅行
COMMENTS
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。