遊ぶ子供>>旅行>>5泊5日京都旅行 - 2日目(洛中編)
20090303

5泊5日京都旅行 - 2日目(洛中編)

地下鉄東西線で蹴上(けあげ)駅から京都市役所前駅まで、洛東から洛中へ移動しました。
ここからは主に三条通やその周辺の近代建築を見て回りました。

堂々たるたたずまいの「京都市役所」です。
(画像はすべてクリックで拡大します)
kyoto_city_hall
中央の塔から対称に建物が拡がる典型的な官庁建築です。
設計は有名な武田五一(たけだごいち)と京大を出たばかりの中野進一。

母親からポチ袋をおみやげとしてリクエストされたので、京都市役所そばの木版本出版社「芸艸堂(うんそうどう)」で購入。
pochi-bukuro - unsodo
きれいな色使いです。
なかなかこういったデザインのポチ袋って売ってませんよね。

市役所のはす向かいに店を構える老舗「亀屋良永」の銘菓”御池煎餅(おいけせんべい)”。
堅焼き煎餅とは違い、サクッとした歯ざわりとフワッとした口どけの麩焼き煎餅。
oike-sennbei - kameya-yoshinaga (1)
原材料は麩ではなくもち米。
あっさりとした甘味で、とにかくやさしい、上品な味わいです。
oike-sennbei - kameya-yoshinaga (2)
2歳になる甥っ子が煎餅好きで、赤ちゃん用せんべいっぽい食感ということもあり、兄家族へのおみやげ用にも購入。
「亀屋良永」は「京都駅ビル専門店街The CUBE」にも出店しています。

「京都市役所」と同じく武田五一設計のモダンな「1928ビル」です。
1928-building
元々は大阪毎日新聞社京都支局のビルで、最上階の星型の窓は社章をモチーフにしたものといわれています。

京扇子の超名店「宮脇賣扇庵(みやわきばいせんあん)」で自分用のおみやげを。
miyawaki-baisenan
お店の外観は手ぶれしちゃいました><
summer_fan - miyawaki-baisenan 
”夏扇子”です。
仕事中に違和感なく使えそうなデザインのものを選びました。かっけー!

ファサード保存されている「日本生命保険京都三条ビル(旧日本生命保険京都支店)」。
nihon-seimei-hoken_kyoto-sanjo-building
設計は有名な辰野金吾(たつのきんご)と片岡安(かたおかやすし)。

辰野金吾と長野宇平治が設計した「京都文化博物館」の”別館(旧日本銀行京都支店)”。
the_museum_of_kyoto (1)
ザ・辰野とでもいうべき、典型的な辰野式の建築。
the_museum_of_kyoto (2)
この日はイベント準備のため、館内を自由に見学することはできませんでした。
なので内部画像はこれだけ。

「京都文化博物館」のすぐそばに「中京郵便局(なかぎょうゆうびんきょく)」があります。
nakagyo_post_office
こちらも赤レンガ建築。

烏丸三条の「みずほ銀行京都中央支店(旧第一銀行京都支店)」。
kyoto_branch_of_the_dai-ichi_bank
これも辰野金吾が設計。
辰野LOVE

烏丸通をそのまま南下すると「flowing KARASUMA(旧山口銀行京都支店)」に辿り着きます。
flowing_karasuma
これも辰野金吾が設計してます。

京都芸術センター(旧京都市立明倫小学校)」。
kyoto_art_center (1)
手に持った傘&おみやげと光量不足のせいで手ブレがひどくて、外観画像は載せられません><
Google画像検索「京都芸術センター」や「京都市立明倫小学校」などで見ることができます。
kyoto_art_center (2)
凝った造りの内装で、小学校とは思えないほど豪華。
当時の京都市営繕課の実力をうかがい知ることができます。

今夜のごはんは「ト一(といち)京都店」。
外観は高級料亭風ですが、実は定食屋兼居酒屋(?)。店内はかなりの広さ。
toichi
夜でもボリュームたっぷりでリーズナブルな定食を味わえます。
新鮮なお刺身の”造り定食”をいただきました。

ホテルに帰ってシャワーを浴びた後、フロントで売っていた”銀閣寺アイスキャンデー”を食べました。
食べかけですみません・・・
ginkakuji_ice_pop
わざわざ銀閣寺の方まで行かなくても食べられるってのはうれしかったですね、しかも風呂上りに。

5泊5日京都旅行

posted by maco | Comment(0) | 旅行
COMMENTS
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。