遊ぶ子供>>旅行>>5泊5日京都旅行 - 2日目(洛南編)
20090303

5泊5日京都旅行 - 2日目(洛南編)

京都2日目は、洛南から攻めました。

まずは「東福寺」。
ここも「大徳寺」と同じく、塔頭(たっちゅう)が多い超巨大寺院です。
東福寺塔頭「霊雲院(れいうんいん)」。
(画像はすべてクリックで拡大します)
reiun-in_temple (1)
上は重森三玲(しげもりみれい)によって復元された霊雲院の書院前庭”九山八海(くせんはっかい)の庭”別名”霊の庭”。
下は重森三玲が作庭した現代的な”臥雲(がうん)の庭”。
reiun-in_temple (2)

続きまして、東福寺の方丈庭園です。
四方に庭がある珍しい方丈で、すべて重森三玲作庭。
tofukuji_temple (1)
上は方丈東庭。柱石を利用して北斗七星を描いているモダンな庭です。
下は方丈南庭。画像手前の巨石は神仙島を、奥の築山は五山を表現しています。
tofukuji_temple (2)
tofukuji_temple (3)
上は南庭を逆方向から見た画像です。
画像左端のやや下に雨どいを支える柱が写っていますが、その根元の砂にも波紋が描かれています。
下は方丈西庭。サツキを四角く刈り込み、大きな市松模様を表現しています。
tofukuji_temple (4)
tofukuji_temple (5)
上は方丈北庭。こちらは敷石と苔で細かい市松模様が表現されたアヴァンギャルドな庭です。
左手前から右奥へ進むにつれて、敷石がランダムに、密度を薄めて配置されています。
三玲LOVE

続いては、東福寺塔頭「芬陀院(ふんだいん)」別名「雪舟寺」。
ここは独り占めできました。
方丈南庭は雪舟作と伝えられる庭で、重森三玲により復元されました。
funda-in_temple (1)
funda-in_temple (2)
茶室”図南亭(ずなんてい)”の窓から望む東庭。

東福寺のラストは塔頭「光明院」。
ここの拝観料は志納です。
komyo-in_temple
”波心(はしん)の庭”と呼ばれる数多くの巨石が配された、開放感のある庭です。
こちらも重森三玲が作庭しました。
ここでも、広々とした庭を独り占めできました。

やはり生で見るのと写真で見るのとは違いますね。
まず見える範囲が全く違う。
パノラマ写真は別として、広角レンズでも人間の視野には敵いませんね。
それから生ならば、両の眼で立体的に捉えられますけれども、写真は平面的。
また自分が動くことによって様々な視点から観賞できます。
そしてなによりも、視覚だけではなく五感で直接に味わうことができるというのは素晴らしいことです。
お庭に興味があって未体験の方は、ぜひ一度直に観賞してみてください。

「光明院」最寄の鳥羽街道駅から1駅、伏見稲荷駅へ到着。
fushimi-inari_station
鳥居をモチーフにしたホームのデザイン。

3年前に時間がなくて行けなかった「伏見稲荷大社」です。3年越しの夢が叶いました!
fushimi_inari-taisha (1)
狛犬ではなくて狐が参拝者を出迎えてくれます。
有名な”千本鳥居”。
fushimi_inari-taisha (2)
中に入ると、
fushimi_inari-taisha (3)
視界は朱色。
というか、”千本鳥居”以外でも視界の朱色率はハンパないです!
fushimi_inari-taisha (4)
”おもかる石”。
持ち上げてみて、予想より軽ければ願いが叶い、予想より重ければ叶わないとのこと。
「結構重いんだろうな」と考えて持ち上げてみたら、相当に重かったです・・・
fushimi_inari-taisha (5)
長くきつい斜面に延々と鳥居の道が続きます。
このあたりで昨日に引き続き雪が降ってきました。
思わず「京では・・・・・・、毎年こんなに雪が降るのか?」(by バガボンド21巻、25巻)とつぶやいてしまいました。
fushimi_inari-taisha (6)
とりあえず”四ツ辻”まで登りました。
”四ツ辻”から見下ろす京の町。晴れていればもっと良い眺めでしょう。
最高峰”一ノ峰”まで登るのは大変なので、ここで下山することにします。
m1700j
歩きまくりなので、ニューバランスのM1700を履いてきて正解です。
snow_in_kyoto (1)
雪です。この日は関東にも雪が降ったそうですね。
上着にパタゴニアのストーム・ジャケットを着てきて正解でした。
fushimi_inari-taisha (7)
行きとは別の道から下山途中に「末廣大神」という社を発見しました。
狛犬ではなく蛙です。

inari_station
こちらは伏見稲荷駅ではなく、稲荷駅です。
こっちも鳥居をモチーフにしたホームです。
電車で洛東へ向かいます。

5泊5日京都旅行

posted by maco | Comment(0) | 旅行
COMMENTS
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。