(新着順10件表示)
20050516

AMON DÜÜL 『PSYCHEDELIC UNDERGROUND』

PSYCHEDELIC UNDERGROUND

ディオニュソス的な音楽

 初期ジャーマンプログレは、やたらカオスティックでとっつきにくいものが多いのですが、 このアルバムもカオスティックなものの一つに挙げることができるでしょう。とはいえ、同じラリラリ&ダラダラなカオスの初期ASH RA TEMPELや初期GURU GURUなんかとはちょっと違い、 祝祭性があり原始的な音楽で僕は気に入っています。僕としてはボアダムスにも通ずる祝祭性や原始性を、 多少感じます。ただボアは明るい感じですけども、アモン・デュールはディオニュソス的といいますか、ほの暗い衝動を感じさせます。 それにアモン・デュールは非常に拙い演奏ですね。

ディオニュソス的とは

 ここでのディオニュソス的とは、ニーチェが著作『悲劇の誕生』 にてソクラテス以前のギリシア的生のあり方を明らかにしようとしたときに、 対照的なアポロン的なものとの関連の観点から解明するために用いられたものです。

 アポロンは昼ならば、ディオニュソスは夜、アポロンが理性の象徴ならば、ディオニュソスは衝動と情念の象徴です。 アポロンが個体化の原理であるとするならば、 ディオニュソスは個体化の原理が破壊されるとき自然の根底から湧き上がってくる歓喜に満ちた恍惚を意味します。

力・肯定・神化

 ニーチェのディオニュソス概念には二義性があるらしく、『悲劇の誕生』のように、 ディオニュソス的なものがアポロンやソクラテスと対比されるとき、イメージの中心にあるのは、 生の根底から湧き上がるような無意識的でマグマ的な力のようです。しかし、 ディオニュソス的なものがキリスト教と対比されるとき、イメージの中心にあるのは、現に存在するすべてに対する、 充実して完結した肯定であるとされています。

 ニーチェが考える元来のギリシア的生においては、善悪にかかわりなく、 存在するすべてのものが神化されている、豊饒な、勝ちほこった生存が支配していました。

無意識的か意識的か

 このアルバムは、アモン・デュールの4人のメンバーに加え、当時彼らが生活していたコミューン内の仲間と女、 子供など楽器を弾けない人たちによるセッションを元に製作されました。このセッションは3日間だったらしく、 その録音をスタジオで様々に加工・編集して『PSYCHEDELIC UNDERGROUND』を完成させました。

 演奏は、たしかにディオニュソス的なのですが、タイトルに『PSYCHEDELIC UNDERGROUND』なんて付けるあたり、 かなり意識的でディオニュソス的なものとは逆の印象も受けますね。

  1. Ein wunderhübsches Mädchen träumt von Sandosa
  2. Kaskados Minnelied
  3. Mama Düül und ihre Sauerkrautband spielt auf
  4. Im Garten Sandosa
  5. Der Garten Sandosa im Morgentau
  6. Bitterlings Verwandlung
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。