(新着順10件表示)
20050505

ベン・シャーマン、カムバック!

本文とは関係ない話

 ほら見たかっ!リバプール勝ちましたよ。強豪チェルシーに!!いや別にリバプールファンってわけじゃないんですけど……、 前に「優勝予想はリバプール」って書いたもんで(ほらこの記事で)。 あ〜、でもこういう風に書くと大本命ACミランあたりが優勝しちゃったりしそう。……まあ、この文章はこないだの記事をコピペしてチーム名変えただけなんですけどね(笑)


ここから本文

米国製ではないB.D.シャツ?

 ここ一ヶ月以上、全くファッションの話をしていなかったので反省しています。今回はB.D.シャツの話です。 みなさんB.D.シャツといえばどのブランドを思い浮かべますか。ラルフ?ブルックス・ブラザーズ? それともちょっとマニアックなところでアイクやインディビ、セロ、ギットマンなどですかね? 今日はそういったアメリカのB.D.シャツではなくイギリスのB.D.シャツを紹介します。

ベン・シャーマン

 最初に言っておきますが、このシャツはおそらく今は手に入らないんですよ。僕がモッズきどり(ファッション・モッズ※1) だった頃に一番好きだったシャツです。ブランド名はベン・シャーマン(Ben Sherman)です。モッズ(やスキンズ※2) の着るB.D.シャツといえばオーダー品か、既製品ではベン・シャーマンといった感じだったのですけれども、今のベン・ シャーマンは、これから書くオックスフォードのB.D.シャツを作っていないみたいなのです。

昔と今では……

 何にしろ5年ほど前までのベン・シャーマンと今現在のベン・シャーマンでは、まるで違うものになってしまったと思います。 UKカジュアルへの路線変更と言いますか……、今のベン・シャーマンの服を見ると本当にむかつきます。1年ほど前に、新宿丸井にベン・ シャーマンのオンリー・ショップがオープンしたんですけれども、ワクワクしながら店に行ったらかなりガッカリしました。 今は渋谷の丸井にあるみたいですね。

ベン・シャーマンのB.D.シャツの魅力

 本当にカッコよかったんですよー、以前売られていたB.D.シャツは。襟が絶妙の高さで、襟のロールの具合も良くて、 少しウェストがシェイプしてて、裾がラウンドしてなく真っ直ぐで本当に良かった。色も豊富で、無地はきれいなパステルカラーが中心、 他にも細かいギンガムチェックなどがあって最高でした。イギリス製なので、裾の縫製なんかはやや雑なんですけどね。 新品でもちょっと糸が出てたりして……。あと胸ポケット部に「Ben Sherman」と刺繍が入ってるんですけど、 シャツと同色の糸を使っていまして、非常にさりげなくてオシャレでした。また白のシャツと黒のシャツの場合は、 刺繍の色がオレンジ色になっているという細かい違いもあり、その辺はグッとくるポイントでしたね。

そのシャツを売っていたお店

 僕がモッズきどりだった頃、代官山の八幡通り沿いの建物の地下にVegaという店がありまして(たしか この辺)、そこはベン・シャーマンの品揃えが半端無かったです! まだ代官山アドレスとやらが建設中だった頃の話です。今はもう、その店はありません。あと原宿のSMITHSという店や、 SMITHSと同じ系列のUK.HOLLYWOODSって店にも少しだけ置いてありましたね、 ベン・シャーマン。 今はもう置いて無い……よね?そういえば代官山にスミスクロージングってモッズ系の古着の店もありましたね。 こちらはまだあるみたいですね

教えて欲しい……

 ちなみにわたくし、最近B.D.シャツはUNIQLOでしか買っておりません(笑)。 どなたかオックスフォード地のB.D.シャツで、裾のカットがラウンドしてなく真っ直ぐなもの(スクエア・テールのもの) をご存知でしたら教えていただけませんか?(←随時募集中) できればウェストが少しシェイプしているものが良いのですが、さすがにそこまで贅沢なことは言いません。

お願い

 コアなモッズの方、以上の文章で何か間違いがあればお知らせください。


※1……格好だけモッズという意味。モッズはファッションのみならず音楽やダンス、思想、しぐさ、話し方、 ライフスタイルにまで及ぶ一つの文化であり、ファッション・モッズは軽蔑される傾向にある。ちなみにモッズはモダーンズの略で、 「最先端を行く者」という意味らしい。今現在モッズの格好をしても「最先端」ではなく「リバイバル」になってしまうのだが……。
※2……イギリスでオリジナル・モッズが最盛期を終えた1964年ごろに発生したファッション。正式名称はスキンヘッズで、 頭を五分刈りに丸め、ベン・シャーマンのシャツにリーバイスといった格好を好んでいた。音楽では特にスカを好んで聴いていたと言われている。 下層階級出身で好戦的な者も少なくなかった。アンタフェミン系のドラッグを摂取しダンス・ホールで朝まで過ごしたりもした。 他の特徴的なアイテムはサスペンダー、ポーラー・ハットやポークパイ、リーバイスのGジャン、ランチ・コート、G1やA2などのボマー・ ジャケット、コーデュロイパンツ、Dr.マーチンの8アイレット・エア・ウェア、モヘアのスーツなど。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。